スマートホーム

こんにちは。

先月私の旦那さんが、Alexa Echoを買いました。

アレクサは、話しかけると音楽やラジオを流してくれたり、ニュースや天気予報など教えてくれたりします。また、照明やテレビなどの家電とつなげれば、話しかけるだけで電気がついたりテレビがついたりします。

そして、今月、旦那さんがアマゾンのBlack Fridayを利用して、再び買い物をしました。Philips hueという照明3つとSONOSという会社のスピーカーです。

新しいものに条件反射的に反対する

私は基本的に買い物はほんとうに自分に必要なのか熟考して買うので、彼の衝動買いのような買い方に反対していました。また、アレクサを買う前には「こんなもの買って、アレクサに電気つけたり天気予報を聞いたりしてたら人間が退化する!」と言っていました。

人間は新しいことをするときには、相当なエネルギーが必要となるそうです。だから、脳はなるべく余計なエネルギーがかからないように、なるべく今していることを変えたくないと考えるんだそうです。そして、新しいことをするときには、何らかのブレーキがかかるようになっています。

新しい物やことに反対せずに、受け入れる姿勢を持つ人の脳は若いそうです。私の旦那さんは私より6歳年上ですが、私の方が脳が老いているみたいです。泣

でも、身近に新しいことに挑戦する人がいることは、自分にとってプラスになると思っています。

新しいことや新しい物に対し、反射的に反対してしまう理由が分かりました。

照明とアプリの連携

Philipsの電気はとても優秀で、ブリッジというものをWi-Fiに繋げれば、ブリッジが電球を検知してくれます。そこから、アプリやアレクサを使って電気のオンオフなどの操作ができるようになります。

また、様々な色の照明を設定できます。夜落ち着きたいときは暗めのオレンジ色、集中したい時には明るめの白といった具合です。

さらに、雨の降る日には照明の色が青になっていたりして天気予報の役割も果たします。

正直アレクサだけ家にあったときには使い道があまりなく、全く使っていませんでしたが、照明が加わったことによってアレクサの使用頻度は格段に上がりました。

SONOS

このスピーカーも、アレクサと同じ役割をしてくれるので、今はリビングにSONOSを置いて、寝室にアレクサを置いています。

このスピーカーはとても性能が高く低音も良く聞こえます。また、マイクの性能もよく、小さい声でアレクサに話しかけても音をキャッチします。iphoneやipadだったら、Airplayボタンを押せばスピーカーから流れるので便利です。

ただ、テレビとスピーカーをつなげることができないので、そこだけは残念なところです。

LIFEGermanyseikatsu