カルキ汚れについて

こんにちは。

今日は水について書こうと思います。


ドイツは、硬水の地域が多いです。

以前、私の旦那さんの実家を訪れた際、お義母さんが「ここの地域は軟水だ」と言っていました。しかし、少し離れた旦那さんのいとこの家ではケトルにカルキが付いていました。ドイツは場所によって硬水だったり軟水だったりするようです。


私の住むところは硬水が流れています。

ですから、ケトルの底がカルキで白くなったり、風呂場の蛇口はいくら掃除してもすぐに白っぽくなったり、食器は洗うと少しガサガサしたりします。


初めは、ケトルに入れる水は水道水を使っていました。そして汚くなったら、掃除用のお酢を少量入れて水をMAX.の線まで入れ、沸騰させることでカルキの汚れを落としていました。

しかし、BRITAを買ってからはケトルの掃除をあまりすることがなくなりました。BRITAを買ってから、コーヒーもより一層おいしくなった気がします。


それから、水回りのカルキの汚れは、お酢の入った掃除用品を使っています。

View this post on Instagram

お酢

Germanyseikatsuさん(@germanyseikatsu)がシェアした投稿 -

ドイツにはそれぞれの用途に合った掃除用品がたくさんあります。今後、少しずつ紹介できたらと思います。

LIFEGermanyseikatsu