近所の飲み物屋さん

家の近くにある飲み物屋さんを紹介したいと思います。

リサイクルシステム

お店を入るとすぐに、飲み終わったペットボトルなどを回収してくれる機械があります。

ペットボトルやビン、缶などは、デポジットが含まれていてお金が返ってくることが多いので、飲み終わった物は捨てずに家でためておきます。

そして、下にあるような機械に1本ずつ入れて、最後に画面をタッチすると値段が書かれたレシートが出てきて、それを最後に飲み物と一緒にレジに出すと割引されます。

ペットボトルや缶はガチャガチャっと機械に通された時につぶされ、工場で溶かして再利用されます。

そしてビンはそのまま回収され、工場でラベルをはがされ、洗浄されて、また再利用されます。

イタリア、ローマの地下鉄駅では、このようなボトルを回収する機械があり、デポジットで電車賃が割引になったり、お金を払わずにデポジットだけで電車に乗ることができるらしいです。

豊富すぎるビールの種類

さすがドイツ。ビールコーナーはこの店の中で一番大きいです。

色々な地域のビールが売られています。箱ごと買う人もいれば数本だけ買う人もいます。

箱にもデポジットが含まれているので、先ほどの機械に箱ごと入れることもできます。

炭酸入りのジュース

コーラや、ファンタなど売られています。

IMG_7864.jpg

水・炭酸水の種類も多い

水のセクションも2番目くらいに広くて、色々な種類の水が売られています。

基本的に水には3つの種類があり、炭酸が強めのペットボトルのキャップは青色で、炭酸が弱めの物のキャップは緑、炭酸なしの普通の水は水色のキャップというように、色分けされていることが多いです。

写真右下に見えるような、ビニールでまとめられたペットボトルのうち、1本だけ買いたいときは袋を開けて取り出してもいいです。

また、上に1本ずつ並べられているペットボトルが売り切れて、箱に入っている物しかない場合も、箱から好きな本数取り出すことができます。

IMG_7865.jpg

以上、家の近くにある飲み物屋さんでした。