マールブルクへ小旅行|BLOGMAS DAY23

こんにちは!

もうすぐクリスマスですね。

今日はお友達の住むマールブルグというところへ遊びに行ってきました。

電車の中はスーツケースや大きなリュックを担いでいる人がたくさんいました。皆実家に帰省するんでしょう。


マールブルク(Marburg)

マールブルクはフランクフルトから北に90kmほど言ったところにある都市です。フランクフルトと同じヘッセン州で、ヘッセン州の中で7番目に大きな都市だそうです。今回は電車で行き、フランクフルト中央駅からマールブルク中央駅まで約1時間かかりました。

マールブルクはフィリップ大学マーブルクという総合大学がある学生都市として知られています。そしてその大学は、プロテスタントが設立した大学で、現存する中で最も古いそうです。

街の中にもプロテスタントの教会がたくさんありました。

 

ドイツの家庭料理 Auflauf(アウフラウフ)

お昼ごはんにマルゲリータのアウフラウフを初めて食べました。

アウフラウフとは

ドイツの家庭料理で、肉や野菜たっぷりの積み重ね焼きである。 いろいろの野菜に肉やパスタなどを積み重ね、ホワイトソースをたっぷりかけて、オーブンで焼いたもの

ウィキペディアより)

初めて食べて今まで名前を聞いたことがなかったたので、マールブルクの名物料理だと思いきや、家庭料理でした。量が多くて残りは持ち帰りましたが、とっても美味しかったです。イタリア風の味付けでしゃきしゃきの玉ねぎと少し生っぽいトマトが入っていて、食感を楽しめました。

マルゲリータアウフラウフ以外にも、ほうれん草のアウフラウフや、ジャガイモのアウフラウフなど、色々な種類がありました。

IMG_6261.jpg

旧市街を歩いてみた

マールブルクの見どころは旧市街だそうです。旧市街に入るためにエレベーターに乗りました。

そのエレベーターを上ると、まずマールブルクの街並みを少し上から見ることができました。そして、廊下を少し歩いた先に旧市街が見えてきました。廊下から見る旧市街の坂道と石畳が、ハリーポッターの杖を買ったりする街にそっくりでとてもワクワクしました。

坂道が多く、雨で床が濡れていて何回も滑ってしまいました。スニーカーで行ったのがよくなかったです。


クリスマス感漂う街の装飾

街はクリスマス前で日曜日だったので、お店は閉まっていて閑散としているところもありましたが、クリスマスマーケットがちょこっとやってて地元の人か学生がご飯を食べたりお酒を飲んだりしていました。


坂道を登り続けるとお城が

坂の上に教会が見えたので、お城まで歩くことになりました。

急な階段を何段も登り、息を切らしながら行き着いたお城はとても大きかったです。そして、マールブルクの街並みが一望できて、空気もよくて、登った甲斐がありました。

このお城は、ヘッセン方伯という、神聖ローマ帝国の方伯の最初の宮廷だそうです。

日曜日のクリスマス前なのに、学生や家族が訪れていて人気のスポットであることが伺えました。


マールブルクはフランクフルトよりも栄えていなくて、お店もそんなに多くないですが、人が少ないからか静かで時間がゆっくり流れている気がして、また建物や石畳も歴史を感じられてとても落ち着きました。

旧市街は意外と広くて、かわいい雑貨屋さんや洋服屋さんなどたくさんあったので、ちょっとした旅行にいいと思います。

初めてくる場所なのに、アットホームな空気がとても好きになりました。


TRAVELGermanyseikatsuBLOGMAS