近所のクリスマスマーケット|BLOGMAS DAY8

こんにちは。

今日は近所のクリスマスマーケットに行ってきました。

公園の中には100軒くらいの露店があり、ほとんど地元の人たちやお店が出店していました。

グリューワインは2.5€ぐらいで、以前投稿したフランクフルトのクリスマスマーケットより1€くらい安かったです。やっぱりフランクフルト中心部のお祭りは観光客が多く集まるので、値段が高く設定されているみたいです。

公園内にある屋外のステージでは、地元の合唱団だと思われるグループがゴスペルを歌っていました。皆大きな口を開けて、腰を振りながら歌っていて迫力がありました。

前に行ったフランクフルトのクリスマスマーケットよりも規模は小さく見た目も全く違い、また、売られているものも手作り感満載のものが多かったです。

手作り感満載だからこそ、クオリティの低いものもありましたが、私はフランクフルトのよりも好きでした。正直、フランクフルトに出店していたお店は作り手が分からない、輸入したものを高く売っているという感じの物が多く見受けられました。例えば、石・宝石、アクセサリー、お香など。

一方、今日行ったクリスマスマーケットは、売っている人が作った靴下や子供服、クリスマス用の装飾品、モンゴル製の温かい靴下、養蜂家さんが作ったはちみつのキャンドルなど、作り手が見える販売だったのである程度高い値段でも納得ができました。

地元の人たちが出店していて、自分の住んでいる地域を知る良いきっかけになりました。それと、子供たちが公園内で思いっきり走り回ったりおもちゃを振り回したりしていたのも、田舎ならではで良いなと思いました。

LIFEGermanyseikatsu