本格!ペンネアラビアータのレシピ|BLOGMAS DAY20

こんにちは。

私大学生の頃に、旦那さんの住んでいた月島で食べたペンネアラビアータがとても美味しくて、そこからアラビアータが大好きになりました。

PONTE CENTROというお店です。ここのペンネアラビアータはとても辛いんですが、にんにくの旨みが広がってただ辛いだけではない奥深さがあります。


アラビアータとは

アラビアータはトマトソースにチリを入れて辛くしたソースのことで、パスタはペンネが使われるのが一般的です。

ドイツはイタリアが近いということもあり、本格的なイタリア料理が安く食べられます。日本のラーメンみたいな感覚です。

私はよく近所のイタリア人が経営するイタリア料理のファストフード店に行き、アラビアータを注文します。ここのアラビアータはトマトソースのほかにオリーブがゴロゴロ入っていたり、ネギやバジルも入っていて、月島のアラビアータとはまた違った味わいです。最近、辛さが足りない気がするので、唐辛子を2本入れてもらっています。

ドイツに来てからアラビアータがさらに好きになって、自分でも作れないか研究するようになりました。

今回は、私が試行錯誤して行きついたレシピをご紹介します。まだよく食べるアラビアータの味を完璧に再現できてはいませんが、とても美味しいです。

料理は感性だと父と母から教わりました。だから、所々曖昧な表現もありますが、自分の感性を信じて作ってみてください。

それと、今回ペンネが家になかったのでスパゲッティを使いました。


材料(1人分)

• パスタ 100g

• にんにく 1片

• ネギ 1/2本

• トマトソース 250g

• オリーブオイル 適量

• 唐辛子 小さじ1(お好み)

(生の唐辛子の場合 1本)

• バジル 小さじ1くらい

Snapseed (5).jpg

1.パスタをゆでる

パスタは表記してある時間より1分程短くゆでます。塩は2リットルの水の場合、大さじ1くらい入れます。


2.ニンニクとねぎを切る

ニンニクはみじん切りにはせず、適当な厚さに切ります。ネギは1cmほどの太さに切ります。


3.ニンニクと唐辛子を炒める

この作業が、味の決め手になります。一番重要な所です。

「炒める」、と書きましたが、私はオリーブオイルにニンニクと唐辛子の味を付ける作業と考えています。

まず、ニンニクをオリーブオイルを入れたフライパンに投入します。オリーブオイルはたっぷりの方が美味しくなります。

火力は強火にします。フライパンを手前に傾けて、オリーブオイルとにんにくが溜まるようにします。

しばらくすると、泡がぷくぷく出てきます。そしたら火を弱火くらいにして、ニンニクが焦げないようにじっくり温めていきます。

ニンニクの香りが出てきたところで唐辛子を投入します。

ニンニクが薄きつね色になるくらいまで、温めます。もし、時間がかかりすぎる場合は、焦がさないような火力で調節してください。

IMG_6241.JPG

4.ネギを投入

ニンニクと唐辛子がいい感じになったら、ネギを投入します。フライパンは傾けなくていいです。でもフライパンがとても熱くなってニンニクが一気に焦げてしまうかもしれないので、気をつけてください。

IMG_6242.JPG

5.トマトソースを投入

少しネギを炒めたら、トマトソースを投入します。火力は中火から強火にします。

そこに、パスタのゆで汁をお玉1杯分くらい入れます。結構水っぽくなりますが、中~強火で炒めると蒸発するので大丈夫です。

塩を小さじ1弱くらい入れます。

パスタのゆで汁の塩分によって若干量を変えた方が良いです。意外と自分が思っているより少なめがちょうどよかったりします。

6.バジルをいれる

小さじ1くらい入れて、全体になじませます。


7.パスタを投入

フライパンにパスタを入れて、中~強火にして、パスタとソースが絡むように炒めます。ここで炒める時間が少ないと、パスタに味が絡まないので1~2分くらい炒めます。

最後に少しオリーブオイルを加えて風味を出します。

完成!

きっとおいしいパスタができているはずです。お好みでチーズをかけても美味しいですよ

Gute Appetit 召し上がれ~

Snapseed (6).jpg